無地*色リスト
*PC、モニター、携帯などで、色は大きくちがって見えます.
かならず実際の生地のサンプルでご確認のうえ、ご注文ください*
無地の生地は、仕入れ先やメーカーにより厚さ・質感が大きく異なります。
そのため、同じMUJIのパウやパウトップであっても、
できあがりの質感、光沢やボリューム、ふくらみ方、感触がちがってきますので、ご了承ください。
また、グループ様でのご注文、時期をあけても、あけなくても、ご追加でご注文をいただいた場合など、
同じお色でご注文をいただいても、色や質感がちがってしまうことが多いです。それは:

・「釜ちがい」といって、生地の染料の配合が、染めのたびに少しずつちがうため、色が変わってしまう
・原料の価格や産地の変更により、生地自体の材料や質感(感触・厚さ・光沢など)が変わり、
それにより色も変わって見えるようになる
・同じ仕入れ先からの取り寄せであっても、定期的にメーカーの変更があるため、同じ色の名前であっても、
同じ色でなく、近い色になってしまう

などの理由によるものです。ですので、たとえば:

・同じ色でパウを10枚、パウトップ10枚をご注文いただいた場合、
パウとパウトップでは、同じ色でも微妙に色や質感のちがいがある
・同じ色でパウを16枚注文したが、10枚は同じ質感だが、6枚は少し質感(光沢や触感)がちがう
・新しい生徒が増えたので、前に作った赤のMUJIパウの追加を…という場合、前の色と今回の色が微妙にちがう、
または生地の質感が前より多少硬くなって、ふくらみ方がちがう
・以前頼んだ茶の切替パウの、茶無地の部分と同じ生地でブラウスを注文したが、パウの茶の無地生地より、
ブラウスの生地のほうが少し色が濃い気がする

というようなことが起きてきます。
これは仕入れ先でもわたしでも、解決がむずかしい問題です。どの仕入れ先でも入荷ごと、生地の巻きごとに
色・質感が微妙にちがうのが通常だからです。
とくに下記リストで、「*」のものは、1巻きが18m前後(パウ5枚分ほど)と少なく、
巻きごとに色・質感が異なりますので、あらかじめご承知おきください。

皆様でご着用いただき、あまりにも問題がある場合
(ステージに立ち小物も付けた状態で踊り、あまりにも色や質感のちがいがはっきりしてしまうなど)はご相談ください。

とくに、*のついた色が、取り寄せのたびに色がちがう場合が多いです
ご注文の際は、色のちがいについてあらかじめご了承いただけましたら幸いです
明るめ赤 パッと明るい色感の赤。鮮やかで輝くような印象。
明るい赤より一段落ち着いた赤。
濃い赤* 赤と暗い赤の中間の色。あくまでも赤ですが、やや落ち着いた色味。
かわいらしさと落ち着きをあわせ持つ印象です。
暗い赤* 暗めの色味の赤。シックで、落ち着きと品を感じさせる色味。黒と組み合わせると、迫力と気品が。白と合わせると、かわいすぎない白+赤が素敵。
渋朱* レンガ色、暗い朱色、くらいの色ですが、暗さは感じさせず、
強めの発色にシックな色味が際立つ感じ。独特の色、独特の魅力です。
えんじ 生地質もつややかで、えんじの色感が引き立ちます。
ピンク* ピカッとした強い感じではなく、ピンク特有のふわっと感もありながら、自然な色味。青っぽいピンクではないので、肌うつりも大丈夫です。
カメリア カメリア=椿。ロケラニに、ほんの少し赤の入った、濃いピンク。
強めの発色ながら、かわいらしさと落ち着きがあって、人気のお色です。
ロケラニ* 中国や台湾のお菓子の、あの色です。人工的だけれど、だからこそ?
胸にくるキュートさ。マウイ島の曲、ロケラニの曲に大人気☆
フラミンゴ 健康的なサーモンピンクは、肌の色をきれいに見せます。
ピンクが苦手でも、サーモンならかわいすぎないし、自然な雰囲気。
渋ピンク*
(旧こい桜)
以前の濃い桜とは微妙にちがい、濃いめの渋いピンクが、サーモンがかった感じの色。ピンクはかわいすぎて、という場合にお選びいただく事が多いです。
ライラック ひとめで気に入ってしまった渋く上品さが際立つ色。落ち着いていて、でも暗すぎない、ふしぎと心をとらえるさりげない美しさ。まさにライラックのお花のよう。
うすむらさき* 藤色とうすむらさきの中間くらいの色感。暗くなくふわっとした明るさがあります。島の色ということで、カウアイ島の曲にも。
むらさき* クレヨンのむらさき。強くしっかりした色味。白やうすむらさきと合わせると、むらさきの品が際立つ感じに。
濃紺 紺と黒のあいだの色感。キリリと緊張するような強い色。
紺がやや明るい色味なので、こちらの方が「紺」感があるかもしれません。
紺* やや明るめの、あっさりした色味の紺。
濃紺ほど強く濃くないので、黒とまちがえられることがなく、爽やかさのある紺。
ぐんじょう* 明るい紺、はっきりとした濃いめの青、という感じでしょうか。溌剌としたエネルギーのある色。
明るい青* クレヨンやえのぐの青のような、明るい朗らかな色感。
以前のものと色みがちがいます。サンプルでご確認ください。
青* 明るい青にほんの少し紺が入ったような、全くちがった色味。あっさり感がありながら、しっかりと青の強さもあるような。
水色* 以前の、ブライト水色から少し色が変わりました。
えのぐやクレヨンの「みずいろ」を思わせる、はっきり水色です。
あっさり水色 以前の水色。人気の色です。自然な優しい色味。あっさりひかえめな印象で、すっと心にも肌にもなじむ優しい色。白のパイピングのパウも素敵。
サックス
(旧寂ブルー)
水色にうすむらさきを混ぜたようなブルー。おさえた色感ながら、どこか強く印象に残る独特の色味で、目に心に残る感じ。
ブライトターコイズ* ターコイズ=トルコ石の色。明るく強い発色です。個性的で、ちょっとすましたような、でも愛嬌のあるブルー。
ダークターコイズ* 濃い、深い、ターコイズブルー。深い海を思わせる、神秘的な、深みのある色。
エメラルドブルーの海の深いところ、上から見るとこういう色に見えます。
深緑 つややかな深緑。青っぽくはなく、文字どおり深い緑です。
生地質は薄手なので、パウのときは生地量を増やしても。
こい緑 つややかな濃い緑。深緑と草色が入ったような、オーガニックなグリーン。
落ち着いた色味です。
クレヨンの緑。青っぽくなく、マット(つやのない)な質感。明るくしっかりとした発色です。グリーンはモロカイ島の色。
枝豆* 黄緑と緑の中間くらいの、明るくエネルギーのある色。緑ほど重く強くないので、明るく爽やかなグリーンを選びたいときに。
黄緑 明るく爽やかな、すがすがしい黄緑。明るさと強さのある色感。
グリーンながら、はなやかな雰囲気で、パッと明るくなります。
オーロラグリーン* 黄緑とペパーミントグリーンのあいだのような色味。明るく、軽く、晴れやかな色感。青っぽくはなく、明るい、やや淡いグリーンといった感じ。
黄色* 明るく元気な、晴れやかな色。オレンジっぽくもレモンぽくもない黄色です。
島の色、オアフ島の曲にも。
うこん カレー粉の色がさらに濃いような、黄色をl暗くして、少しだけ茶を加えたような、深みのある肌うつりのいい色。趣と深みのある独特の色です。
みかん* 黄色とオレンジのあいだの、明るくエネルギーのある、でも、オレンジよりはあっさりしていて、爽やかさを感じる色味。
オレンジ 濃く、はっきりした色みのオレンジ。マットでしっかりした発色。
ククナオカラ 和名でいうなら、赤朽葉色。クムサニー・チンのハラウがカヒコに
使いそうな、オレンジにグレーを加えたシックな色味。
ベージュ* はっきりした、赤みを少し加えた感じの、濃い目の発色。
ベージュ系の色はむずかしいので、必ずサンプルでご確認ください。
こっくり深い茶色。明るい茶は苦手なので、落ち着いた色のものをさがしました。薄手の生地質なので、パウの際は生地量を増やしても。
ココア 茶ほどは濃くなく、やや薄めの色味が自然で優しい。
こっくりとつややか。切替パウに使っているのと同じ生地です。
ダークグレー* 深いグレー。落ち着きと奥ゆきのある色味が、心を落ち着かせてくれます。
黒では強すぎるけれど、シックな色がほしいときに。
グレー 自然な色感のグレー。生地質がつややかなので、品のある、ふわっとした感じが美しい。グレーはカホオラヴェ島の色。
サラシ白 白衣の白。ほんの少し青光りするような、あの色です。冷たい雰囲気、雪や氷、緊張感などをあらわすときにいいかなと思います。白やオフ白と組み合わせて、色の微妙なちがいを生かした、素敵なお衣装にも。
黄色っぽさも、青っぽさもない白。まっ白を強調したいときに。
オフ白 ほんの少しだけ黄みがかった牛乳のようなあたたかみのある白です。肌なじみのいい自然な色味が優しい。
アイボリー*
(旧クリーム)
ほんの少し肌色がかった、淡いクリーム色。オフ白や白よりもあたたかみがあり、白特有の緊張感が薄らいで、優しい雰囲気。
淡ベージュ 淡いベージュ。アイボリーと同様、白特有の緊張感がなく、自然で心にもお肌にもスッとなじむ素敵な色。おしゃれ感もあり人気です。
淡草* やや黄色っぽい草色が淡くなったような色味。枯れ感がシックで、
落ち着きと上品さを演出してくれるよう。
モスグリーン* 少しくすんだ感じのモスグリーン。スモーキーでシックな色味は、凛とした雰囲気と落ち着き、深さ、いろいろなものを感じさせてくれます。